「クロセチン」

クロセチンとは?

 サフランやクチナシに含まれる橙色の色素、カロテノイドの一種です。日本では古来より、栗きんとんの着色などに使われてきました。昨今では瞳の健康維持に役立つことが分かり注目を浴びています。分子量が小さく、水にも油にもなじむことから、体のすみずみまで行きわたり健康効果を発揮します。

クロセチンを食品で摂るならどうしたらよいですか?

 クロセチンはクチナシの実やサフランに含まれています。それらを使用する栗きんとんやパエリヤなどを食べることで摂取できますが、含まれるクロセチンの量はわずかです。


クロセチンを含んだリブロンのおすすめサプリメントはありますか? 成分解説はこちら

 クロセチンを含んだリブロン商品は、アイサポートプラスがございます。1日目安3粒でクロセチン7.5mgを摂取できます。アイサポートプラスにはルテインゼアキサンチンクロセチンβ-カロテンDHAビルベリーエキスの6つの成分が配合されています。
アイサポート
アイサポートプラス
6,048円
(税込)

[1箱90粒入]
ルテイン、ゼアキサンチン、クロセチン、β-カロテン、DHA、ビルベリーエキスの6成分をソフトカプセルに配合。(1日目安3粒)



ページの先頭へ