「コンドロイチン」

コンドロイチンとは?

 コンドロイチンはネバネバ成分ムコ多糖類の一種で、こちらは細胞同士を繋ぎ合わせながら、栄養を細胞へと導いたりする仕事をしています。たとえるならば細胞がレンガで、目地のセメントがコンドロイチンです。カルシウムが骨になる時にもコンドロイチンが重要な役目を果たしています。

コンドロイチンを食品で摂るならどうしたらよいですか?

 コンドロイチンは、鶏皮、牛や豚の軟骨や皮、フカヒレに含まれています。


コンドロイチンを含んだリブロンのおすすめサプリメントはありますか? 成分解説はこちら

 コンドロイチンを含んだリブロン商品は、ジョイントスムースがございます。1パックにコンドロイチン250mgが含まれています。
ジョイントスムース
ジョイントスムース
5,832円
(税込)

注目のN-アセチルグルコサミンに、コンドロイチンと米国で人気のMSMをプラス。



ページの先頭へ