情報セキュリティ基本方針

ビイ・エス・ティグループ
株式会社ビイ・エス・ティ
代表取締役社長 塩塚 健兒

情報資産に対しての適切な安全対策の重要性と消費者の権利を尊重した通信販売業としての社会性を認識し、ビイ・エス・ティグループは「情報セキュリティ基本方針」を定め、当社が保有する情報資産の適切な保護対策を実施するための指針とします。役員および従業員は、本主旨を理解の上、ビイ・エス・ティグループの「情報セキュリティ規定」および「情報セキュリティの手順書」「個人情報保護管理規定」の内容を熟知し、遵守致します。

(1)情報セキュリティの定義
情報セキュリティとは、情報の機密性・完全性・可用性を維持することと定義します。

(2)適用範囲
ビイ・エス・ティグループの取り扱う、すべての有形、無形の情報資産を対象とします。

(3)管理責任者の任命と任務
ビイ・エス・ティグループは情報セキュリティ&コンプライアンス委員会を設置します。本委員会は、各部門から情報セキュリティ委員を任命し、情報セキュリティ管理責任者を一名置きます。各委員は情報資産に対して適切な安全対策を実施し、紛失、盗難、改ざん、不正使用等から保護することを任務とします。

(4)セキュリティ対策
ビイ・エス・ティグループは、取扱う情報に応じて、適切な情報セキュリティ対策を講じます。

(5)従業員の義務
役員および従業員は、「情報セキュリティ規定」および「情報セキュ リティの手順書」「個人情報保護管理規定」に従って行動します。もし違反した場合には、従業員就業規則による罰則規定を適用します。    

(6)情報の特定と対策
情報セキュリティ&コンプライアンス委員会は、企業情報秘密やプライバシー関連情報を特定します。特定した情報に対して、その保護のために最適な情報セキュリティ対策を講じます。

(7)個人情報保護
ビイ・エス・ティグループは、個人情報を取扱う業務の遂行にあたっては、「個人情報保護法」「個人情報保護マネジメントシステムー要求事項」[JISQ15001:2006]および業界が定める通信販売倫理ガイドライン、テレマーケティング倫理綱領などを遵守し、適正な利用を行い、情報の漏洩などから個人情報を保護します。

(8)機密情報管理
ビイ・エス・ティグループは、不正競争防止法に従って、顧客およびビイ・エス・ティグループの秘密情報を管理します。

(9)著作権保護
ビイ・エス・ティグループは、著作権法に従って著作物を管理します。

(10)情報セキュリティの推進
ビイ・エス・ティグループの情報セキュリティについては、情報セキュリティ&コンプライアンス委員会で推進を図ります。

(11)教育
情報セキュリティに関する啓蒙・教育活動は、経営陣の支持のもと、情報セキュリティ&コンプライアンス委員会で推進を図ります。

2006年5月1日制定
2012年4月3日改訂

株式会社ビイ・エス・ティ
代表取締役社長 塩塚 健兒



 


ページの先頭へ